激痛に耐えた髄膜炎でした

髄膜炎は経験したこともないほどの頭痛でした頭をガンガン叩かれるような痛さで横になっても起きていても駄目しかも頭痛だけでなく激しい嘔吐もありました胃の中が空になっても嘔吐がとまらず、どうにもならないほどの辛さでしたねあまりの激痛に涙が止まらなかったのですが、泣くと余計に痛くなるので、どうにか我慢するのですが、それでも耐え切れないくらいでした。

これはおかしいと思い、次の日病院を受診したら、すぐに紹介状を持たされ別の病院へ髄膜炎とのことでした 即入院したのですが、何が辛いって検査が一番辛いんですまず一日おきに採血。

左手が真っ青になってしまって、針を刺す前から痛いんですそれから脊髄に針を刺して骨髄液を採取するのですが、これも嫌でした最初に麻酔をするの痛さは軽減されますが、骨髄に刺す針がすごく長くて、それを見るだけで倒れちゃいそうでした少しでも動くと怒られるので、こちらも真剣です 治療は安静にすることと、点滴などでした結局入院生活は3週間くらいだったのですが、幸い同じ部屋の人たちがみんな親切だったのでよかったです。

参照元:

イチゴみたいな鼻の毛穴

小学生の高学年から、ニキビと皮脂に悩まされてきた私。特に、鼻の毛穴がイチゴみたいにブツブツしております。お化粧してしまえば、そこまで目立つわけではない(はず)のですが、洗顔後に鏡を見ると、毛穴の黒ずみがまるでイチゴです。これでは、素敵な殿方とキスしようにも、毛穴開いちゃってて恥ずかしいわっと妄想したり。なんとかせねば、と今まであの手この手をやってきました。まず、小学校〜中学生のころは、ニキビを出す器具(細い金具で、耳かきのような形状で、先っぽが丸くドーナッツみたいに穴が開いています)を使って、暇さえあれば、ムニューっと毛穴にそのドーナッツ穴を当てて中の皮脂を押し出していました。毛穴から余分なものが出るのはいいのですが、鼻かトナカイみたいに真っ赤になります、しかも、毛穴拡大という被害。その次は、おなじみの毛穴パックシート。シートをペリペリ剥がすとそこに総立ちしている皮脂達。なんとも快感ですが、これも別に毛穴が目立たなくなるわけではないですね。今は、温めるジェルでまず鼻に塗ってマッサージ、その後洗顔して、鼻から皮脂がとチョコンと白く浮き上がってる箇所があったら、毛抜きでスッと抜くようにいしています。まだまだ、イチゴは健在ですが、無理やりペリペリ鼻を痛めるより、こちらの方がいいと思います。医療レーザー脱毛